平成29年度「住みたい岩手の家づくり促進事業」

『住みたい岩手の家づくり促進事業』とは、「一定の省エネ性能」を備え、「一定量以上の県産材」を使用した住宅の新築・増改築について支援を行う事業です。
本事業は、岩手の厳しい自然環境へ対応するために必要な「さらなる省エネ性能」を兼ね備え、かつ、「岩手県産木材の活用」等岩手らしさを取り入れた『岩手型住宅』の推進を図ることにより、環境負荷の少ない良質な住宅ストックの形成並びに県産材の活用による県内の産業振興を目的としてしています。

北上市 S邸

岩手県産材を使った骨組み

温かみのあるリビングダイニング

キッチン

外観

Back to Top ▲