住まいのことあれこれ 小菅工務店 社長のブログ

日々思ったことや日常の出来事を気軽に語ります

天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 調査登山その1      平成21年10月12日

 

okumiya

解体を待つのみの奥宮 朽ちた屋根は晩秋の傷付いた蝶の羽を思わせます

体直前の奥宮SONY α700 SIGUMA 12-24㎜F4.5-5.6EX DG 12㎜ f13 s1/3200


平成21年10月12日 まずは現地調査と言うことで、神社関係者並びに荷揚ボランティアのみなさんと駒ヶ岳山頂まで行ってきました。 山頂へのルートは金ヶ崎から登るのが一般的で、そのほかには夏油温泉から登る方法もありますが、かなりの距離になります。

GPS-MAP


今回のルートは奥宮ご造営実行委員会の皆さんが刈り払いをして作った新しい道で金ヶ崎ルートより少し距離を短縮できるそうです。 新しいルートと言っても実はこの道が本来の道で、随所に藩境塚の痕跡がある歴史ロマンに満ちあふれた道ともいえます。
車での道順は北上から夏油高原スキー場方面に向かい、入り畑ダムの先にある夏油大橋手前で左折 そこから林道を15分ほど走った場所が三角沼。 ここが車での終点であとは登山道となります。

 

三角沼の駐車スペース

出発前のミーティング

 

奥宮ご造営の記録映像を撮影するテレビ製作会社のお二人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出発前のミーティング

出発前のミーティング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山開始です

佐藤副会長から境塚の説明を受ける

最初から結構坂が続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影クルーは三脚持って大変です

 

 

時々また足を休めては説明に聞き入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで来ると葉が落ちた森の間から駒ヶ岳山頂が見えてきます

なにやら獣の巣らしきものを発見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水平距離的には中間地点でしょうか、沢があり美味しい水が飲めます

対岸から撮影 深さはさほど無いので容易に渡れます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに平坦な場所を抜け、この坂を登ると夏油温泉からの道との合流地点

駒ヶ岳の裾野に沿って進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の豪雪で結構倒木があります コケが美しい

所々崖が崩れていて大変、荷揚の時は注意がいりそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ先は長く徐々に急勾配となっていきます

道は降雨時の雨で浸食されまるで沢のようです

ここは大きく道が流されていて危険

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして木々に覆われ道は狭くなります、背の高い荷物はきつそう

最後のきつい坂を越えてやっと山頂へ 後ろに経塚山が見えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速調査開始 奥宮は築50年をこえる年月で傷みが激しく先般の地震でここまでダメージを受けていました

詳細にわたり調査中

 

 

山頂の見晴らしは最高です、気軽に登山するにはちょうど良い、しかし現場としては・・・・(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山下宮司代務者からこの奥宮について今までの経緯が説明された

何かの痕跡かと思えば意外や落書きとおぼしきものだったり

実測中 建て替えに際しては位置の変更が必要となりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in 建築の事 and 特集(駒形神社奥宮ご造営).

Add a comment

Comments are closed.