住まいのことあれこれ 小菅工務店 社長のブログ

日々思ったことや日常の出来事を気軽に語ります

東日本大震災 その後 平成23年3月24日

被害を受けた国道107号線(※通行止めにはなってません)

先ほども震度4弱の余震がありました

このブログをご覧の皆さんは大丈夫ですか?

あれから約2週間、水回りのアフターから始まりサッシ、ガラス等の

応急処置に負われていました。

現行の現場を進めつつ出来るだけOB施主さんを点検して回りましたが

ローラー作戦はさすがに無理で呼ばれた先々の周辺を訪問しました。

またOB施主以外に建設業組合からの要請で昨日は社会福祉法人あけぼのさんを

訪問させていただきました。

実際に行ってみればすぐに危険な状態の建物は皆無なのですが

今回の地震が大きかったため皆さん不安なのですね

何を直すでもなくただ点検するだけで安心していただけるなら本望です。

 

さてその後様々な出来事がありました。

北海道アースへメーリングリストで送信した内容をここにも書き込みます。

写真は被害のひどかった107号線

(※通行止めにはなってません)

 

 

 

 

<2011.3.19>
内陸部は被害が少ないとは言え、ガソリン不足でとにかく
流通が悪いです。
私の叔母は一人暮らしの高齢者
デイサービスを頼って生活していたため断水時は雨水を
飲んで凌いでいました。
戦争体験者はたくましいです。
こういった高齢者はライフラインが回復しても給湯器を
リセット出来なかったり操作がわからなかったりで電話対応は
無理。行って何かしらお手伝いしなければなりません。
なにより心細いことでしょう。
ガソリンスタンドでいざこざが絶えない殺伐とした状況で
メンタルな面でも訪問は不可欠です。

秋田から急遽ガソリンを運んで貰い(リッター500円かかりましたが)
なんとか動けるようになりました
今日もこれから出ます。

一昨日アウトドアメーカーのモンベルさんから電話があり
アウトドア救援隊なるものを組織したとのこと。
http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=141

花巻空港に物資を送るのでその拠点を提供して欲しいとのことで快諾。
うちの倉庫を提供する予定です。
アウトドアグッズは被災地において即効性があるため当社も全面的に
バックアップする予定です。
僕はすでにありったけの電池とガスボンベ10本を友人に渡し運んで貰いました。
北上商工会議所でも物資を集めて送る計画を立てていますが今はとにかく被災者
個人に提供するしか無い状態です。

そんななかこんな方も居ます。
偶然通りかかって活躍されて居るんですね
http://space.rgr.jp/bio/

 

投稿日: 2011年3月24日 作成者: admin

岩手県北上市の小菅工務店です。
近況など報告いたします。
こちらは未だにガソリンスタンドの渋滞があります。
それ以外の混乱はだいぶ落ち着いてきました。
ただ、この約2週間滞った経済的な打撃は大きく
昨日隣の奥州市で工務店が1社倒産しております。
先ほど修理の件でお邪魔したレストランも建物よりも
停電による食材廃棄、食器類の破損、ガソリン渋滞
による休業等々ただでも厳しい経済状況に駄目押し
されているようです。

沿岸部への義援活動も活発で、商工会議所青年部が
物資を積んで釜石方面へ向かい、トラック数台で配送完了

避難所に行くまでもない方で物資の足りない身内に
個人的に物資を届ける動きが多く見られます。

先ほど釜石の津波被害に遭っていない友人に電話で確認
したところ、避難所では食料衣類共にほぼ間に合っていて
ガソリンもひょっとしたら内陸部よりも手に入れやすいのでは
とのことでした。

ただ、うちの身内が居る釜石市の北大槌町など小さな町では
まだまだ物資が不足しているようで、従兄弟が今日も食料品を
中心に届けに行っています。

今朝、国道107号を釜石方面に向かう神奈川県警のパトカーを
沢山見かけました。
やはり警察官が多くいると安心するとのことです。

 

<2011.3.24>
先ほど契約しているガソリンスタンドで話を聞いてきましたが、
ガソリンは来週になると通常通り供給出来るそうです。
法人に関しては裏から入って通常通り給油出来ます。
ではなぜ普通に給油出来ないか・・・・
新たに出た、「満タン病」の蔓延問題です。
開いていると見たらすぐに飛び込みあっという間に渋滞が
殆ど満タンなのに入れたがる。
特に高齢ドライバーに多いそうで、今起きているスタンドの
渋滞はほとんどがこれだそうです。

さっきうちのお施主さんで転勤先の川崎から戻った奥さんと
話しましたが、あちらでも電池や食料更にはお米不足だとか。
いったなんなんでしょうね。

Posted in 建築の事.

Add a comment

Comments are closed.