住まいのことあれこれ 小菅工務店 社長のブログ

日々思ったことや日常の出来事を気軽に語ります

You are currently browsing the 特集(駒形神社奥宮ご造営) category.

住宅・生活誌「家と人。」取材&天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 工事完了  平成22年7月28日

7月28日 岩手発信の住宅・生活誌「家と人。」の取材がありました。

北上市K邸での取材風景です。

この春竣工したお宅で、オール電化住宅の中でも先進的なヒートポンプによる暖房が採用されています。

ヒートポンプといってもピンと来ない方も多いでしょうが、要はエアコンと同じ技術でいったんお湯を沸かし、それを配管で家中に回す仕組みで、1階は床下コンクリートにパイピングした熱で蓄熱、2階はパネルヒーターを利用し、とてもマイルドな暖房感が得られるシステムです。

一般的に利用されている蓄熱暖房機(ちくだん)と比べ好天時のオーバーヒートも起こりにくく、エアコン暖房のような気流による乾燥感も軽減できます。

ヒートポンプ自体が1のエネルギーに対し約三倍の熱を作り出すことが出来ますので、快適でありながら消費電力を抑えられる正に理想的なエコ住宅となります。我慢だけがエコじゃない。

しかし建物に求められる断熱性能も大きく、北海道の次世代省エネ基準以上が必要となります。

建築費が上がりすぎるとお施主様の懐に響きますから費用対効果を徹底的にあぶり出さなければ実現できません。

 

取材中の加藤編集長 ドアは省エネ性能の高いスウェーデン製スウェドアを採用、窓サッシはトリプルガラスにLow-E  アルゴンガス入り樹脂サッシで強化!

 

取材中

取材中 詳細は9月に発行される「家と人。」21号で

 

2階に設置したパネルヒーター、私が思うところ住宅に一番適した暖房形式。

2階に設置したパネルヒーター、私が思うところ住宅に一番適した暖房形式。

 

 

そして取材を終えた午後、駒ヶ岳に向かいます。

今日は荷揚げも最終日、全ての残材が下げられ工事も完了となります。

最終作業の真っ最中

最終作業の真っ最中

 

頂上から降ろすのに一番大変と思われた発電機が既に降ろされていました。重量50㎏を背負子で背負い滑落防止のため前後にロープを持もった2名計三名体制での荷下ろしでした。

頂上から降ろすのに一番大変と思われた発電機が既に降ろされていました。重量50㎏を背負子で背負い滑落防止のため前後にロープを持もった2名計三名体制での荷下ろしでした。

 

ミーティング、本日は神社庁教化委員の方々と登ります。

ミーティング、本日は神社庁教化委員の方々と登ります。

 

記念撮影を済ませ、イザ!!

記念撮影を済ませ、イザ!!

 

沢山の荷を背負った荷揚げボランティアさんとすれ違いました。本当にお世話になりました。それも今日が最後です。

沢山の荷を背負った荷揚げボランティアさんとすれ違いました。本当にお世話になりました。それも今日が最後です。

 

頂上到着、私がする最後の仕事丸落とし金物を取付

頂上到着、私がする最後の仕事丸落とし金物を取付

 

そして持参した賽銭箱をセット!扉を閉じた状態でも一ヵ所だけ空いた格子からお賽銭が入れられる仕組みです。

そして持参した賽銭箱をセット!扉を閉じた状態でも一ヵ所だけ空いた格子からお賽銭が入れられる仕組みです。

 

そしてお約束の記念撮影

そしてお約束の記念撮影

 

ちゃっかり私もいれていただきパチリ!手前に見える標石は伊達藩と南部藩の境界に置かれていた物が解体の際50年ぶりに発見された物です。

ちゃっかり私もいれていただきパチリ!手前に見える標石は伊達藩と南部藩の境界に置かれていた物が解体の際50年ぶりに発見された物です。

 

その後完成写真の撮影!

その後完成写真の撮影!

 

完成しました。計画から二年越しの工程を経てついにです。ところがここで雨が・・・撮影の続きは次回8月1日の登拝際までお預けとなりました。しかし今日のスケジュール、最新のオール電化住宅から山頂の奥宮とギャップの大きい一日でした(笑)

完成しました。計画から二年越しの工程を経てついにです。ところがここで雨が・・・撮影の続きは次回8月1日の登拝際までお預けとなりました。しかし今日のスケジュール、最新のオール電化住宅から山頂の奥宮とギャップの大きい一日でした(笑)

Add a comment

天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 屋根・塗装工事確認            平成22年7月13日

工事も終盤、今回は木材保護塗装と屋根板金工事の確認で登ります。

千木と鰹木も取り付けられました

千木と鰹木も取り付けられました

 

本日は他の仕事で出発が遅れ一人で入山です。

本日は他の仕事で出発が遅れ一人で入山です。

 

梅雨のまっただ中と言うことで道はぬかるんでいました。

梅雨のまっただ中と言うことで道はぬかるんでいました。

 

今日は一人歩きなので気楽に撮影など!何の実でしょうか??コンデジはマクロ撮影時思わぬ所にピントがきます

今日は一人歩きなので気楽に撮影など!何の実でしょうか??コンデジはマクロ撮影時思わぬ所にピントがきます

 

梅雨時の草木は伸びるのが早い、道が埋め尽くされています。

梅雨時の草木は伸びるのが早い、昨年にわかに作ったお駒参道は草で埋め尽くされています。

 

いつもの危険地帯で下を見下ろす。土の崖ですが一人で落ちればまずいことになります。数週間前過去にあった滑落の痕跡が発見されました。

いつもの危険地帯で足下を見下ろす。土の崖ですが要注意!一人で落ちればマズイいことになります。実はこの道、無数に張り巡らされた木の根で出来ていて張り出したこの部分より下は土は崩れています。歩くとユサユサ不気味な動き。過去滑落者の痕跡あり。

 

頂上到着、平野部はなかなかの天気です

頂上到着、平野部はなかなかの天気です

 

夏油高原スキー場

夏油高原スキー場

 

遠くに岩手山も見えます

遠くに岩手山も見えます

 

先に来ていた板金業者が施工中です

先に来ていた板金業者が施工中です

 

各部金物も取り付けられ

各部金物も取り付けられ

 

千木と鰹木もついてほぼ完成となりました。塗装も完了しています。

千木と鰹木もついてほぼ完成となりました。塗装も完了しています。

 

山の天気は変わりやすい、雨が降り始めました。今回登ってくれた若い板金屋さんを記念撮影し、お昼を食べて下山です。

山の天気は変わりやすい、雨が降り始めました。今回登ってくれた若い板金屋さんを記念撮影し、お昼を食べて下山です。

 

雨で足下滑る中下山中、仕事はもう名とわずか、登山もあとは登拝際まで数回登るのみとなります。

雨で足下滑る中、下山中。仕事はもうあとわずか、登山もあとは登拝際まで数回登るのみとなります。しんどかったけどちょっぴり寂しい気もします。。。。

おつかれさまでした

Add a comment

天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 上棟式            平成22年7月4日

やっとここまで漕ぎ着けました 上棟式です。

 

AM8:30登山口集合

AM8:30登山口集合

 

いつものように宮司さんからの挨拶とミーティングを済ませ

いつものように宮司さんからの挨拶とミーティングを済ませ

 

頂上を目指し出発。もう既に歩き慣れた道を進みます。

頂上を目指し出発。もう既に歩き慣れた道を進みます。

 

頂上では棟梁達が一足先に到着していて扉の取付作業中。

頂上では棟梁達が一足先に到着していて扉の取付作業中。

 

土台からは栗材からたっぷり樹脂が流れ出ていました。この色は主にタンニンがにじみ出た物で腐朽を抑えてくれます。

土台からは栗材からたっぷり樹脂が流れ出ていました。この色は主にタンニンがにじみ出た物で腐朽を抑えてくれます。

 

準備も整い、いよいよ上棟式が始まります。

準備も整い、いよいよ上棟式が始まります。

 

多くのボランティアさんに荷揚げして貰い、ついに上棟です

多くのボランティアさんに荷揚げして貰い、ついに上棟です

 

棟梁の松田も参拝、ここまでご苦労様です。

棟梁の松田も参拝、ここまでご苦労様です。

 

式も滞りなく終わり記念撮影。

式も滞りなく終わり記念撮影。

 

自然に笑顔がこぼれます。

自然に笑顔がこぼれます。

 

その後御神酒で乾杯です。

その後御神酒で乾杯です。

 

本当に予想外な出来事の連続でした。話は尽きません。

本当に予想外な出来事の連続でした。話は尽きません。

 

本日納められる棟札。有り難いことに私の名前も記されました。

本日納められる棟札。有り難いことに私の名前も記されました。

 

裏側には建て替えに至った経緯について記されてます。

裏側には建て替えに至った経緯について記されてます。

 

この奥宮が・・・

この奥宮が・・・

 

この頂に深く根を下ろし・・・

この頂に深く根を下ろし・・・

 

永きにわたり建ち続けることを切に願います。

永きにわたり建ち続けることを切に願います。

 

左右の懸魚も取付完了し下山となりました。皆さんお疲れ様でした。因みに懸魚は本来同面に取り付けられるのですが防風対策のため内側にしっかり固定します。

左右の懸魚も取付完了し下山となりました。皆さんお疲れ様でした。因みに懸魚は本来同面に取り付けられるのですが防風対策のため内側にしっかり固定します。

 

 

 

 

 

 

Add a comment

天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 いよいよ建て方開始      平成22年6月19日

 
6月24日天候雨、まだ荷揚げ前の材料を確認し
6月24日天候雨、まだ荷揚げ前の材料を確認し

基礎工事もやっと終わりいよいよ建て方開始。

本日は棟梁他三名で土台敷きのための墨出しと荷揚げされた木材の積み直しです。

雨具を着込んでイザ出発。今回担当は棟梁松田(右)と趣味で山登りをしている菊池さん(左)です

雨具を着込んでイザ出発。今回担当は棟梁松田(右)と趣味で山登りをしている菊池さん(左)です

 

登山道はボランティアさんの行き来と雨でご覧の通り一部田んぼ状態。

登山道はボランティアさんの行き来と雨でご覧の通り一部田んぼ状態。

 

白い髭の棟梁が先頭切って歩く姿はなんだか黄門様御一行ですね(笑)

白い髭の棟梁が先頭切って歩く姿は、なんだか黄門様御一行ですね(笑)

 

いつもの中間地点にある沢で休憩です

いつもの中間地点にある沢で休憩です

 

 

普段から登山する菊池さんのウェアはゴアテックス!内部の湿気は逃がしますが水は通しません。住宅で使われる透湿防水シートと同じ仕組みで幾分快適

普段から登山する菊池さんのウェアはゴアテックス!内部の湿気は逃がしますが水は通しません。住宅で使われる透湿防水シートと同じ仕組みで幾分快適

 

更にいつもの急斜面を越え

更にいつもの急斜面を越え

 

 

ガレ場を登ると

ガレ場を登ると

 

頂上には完成した基礎がありました。

頂上には完成した基礎がありました。

 

雨は上がった物の後ろの経塚山はこの通り

雨は上がった物の後ろの経塚山はこの通り

 

風も強くコロコロ天気が変わります。

風も強くコロコロ天気が変わります。

 

平野部は後天ですね。

平野部は好天ですね。

 

墨だし開始

天気が変わらないうちに墨だし開始

 

素早く作業を進めます

素早く作業を進めます

 

そしてアバウトに積まれていた木材を建てやすいように整理して

そしてアバウトに積まれていた木材を建てやすいように整理して

 

お昼を食べたらパッキングし直してすぐ下山します。

お昼を食べたらパッキングし直してすぐ下山します。

 

黄門様、頑張って降りましょうね!

黄門様、頑張って降りましょうね!

 

そして沢でまた休憩し。

そして沢でまた休憩し。

 

午後3時には下山できました。初めて登った棟梁も体力的にはまず大丈夫のようで一安心

午後3時には下山できました。初めて登った棟梁も体力的にはまず大丈夫のようで一安心

 

この後毎日通うこととなりますが、宜しくです!!!

昨年の計画段階から1年越し、とうとうここまで来ました。

Add a comment

天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 木材荷揚げ&基礎工事      平成22年6月7日

ボルト運搬中

ボルト運搬中荷揚げも順調に進んできました。本格的に柱や土台の木材も投入されボランティアの人数も増えてきました。昨年作られたこの登山道も歩くごとに固まってきます。

  

途中で休息中。この階段材は特に重いのです。。。

途中で休息中。この階段材は特に重いのです。。。

沢の雪は完全に消え雪解け水もだいぶ落ち着きました

沢の雪は完全に消え雪解け水もだいぶ落ち着きました

 
それでもまだ尚残る雪渓。湿地帯となり木がしかれました

それでもまだ尚残る雪渓。湿地帯となり木がしかれました

 
滑落危険地帯にはロープも施され

滑落危険地帯にはロープも施され

 
当社提供の安全ネットも張っていただき一安心

当社提供の安全ネットも張っていただき一安心

 
ボランティアの皆さんご苦労様です。追い越させていただき現場へ急ぎます

ボランティアの皆さんご苦労様です。追い越させていただき現場へ急ぎます

 
頂上では基礎配筋中です。その間も荷揚げが続々上がってきます。

頂上では基礎配筋中です。その間も荷揚げが続々上がってきます。

 
あちこち岩盤にあたり苦戦しながらもここまで来ました

あちこち岩盤にあたり苦戦しながらもここまで来ました

 
その岩盤にケミカルアンカーを入れ、岩着して基礎に利用します

その岩盤にケミカルアンカーを入れ、岩着して基礎に利用します

 
これが強力なんです!

これが強力なんです!

 
そしてこの日のお昼はボランティアさんの粋なはからいで、天ぷらパーティーが開かれました。どうも基礎業者と密かに交流が深められ本日開催の予定が組まれていたそうな・・・・コシアブラの天ぷら!ご馳走様でした!最高の旨さ

そしてこの日のお昼はボランティアさんの粋なはからいで、天ぷらパーティーが開かれました。どうも基礎業者と密かに交流が深められ本日開催の予定が組まれていたそうな・・・・コシアブラの天ぷら!ご馳走様でした!最高の旨さ

 
そして忘れちゃいけないのがこの鎮め物

そして忘れちゃいけないのがこの鎮め物

 
基礎の下に納めさせていただきました

基礎の下に納めさせていただきました

 
 
数日後のおまけ画像。近くの小学生が見学登山の写真。基礎工事業者に後日「元気に走り回って仕事にならなかったよ」と笑いながらこぼされました

数日後のおまけ画像。近くの小学生が見学登山の写真。基礎工事業者に後日「元気に走り回って仕事にならなかったよ」と笑いながらこぼされました

 

Add a comment

天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 同日金物補強検査      平成22年6月3日

下山後、当作業所にて補強金物を確認していただきました。柱に沿って見えるボルトで基礎から土台を貫通し、桁まで一気に縫いつけ防風対策とします

下山後、当作業所にて補強金物を確認していただきました。柱に沿って見えるボルトで基礎から土台を貫通し、桁まで一気に縫いつけ防風対策とします このターンバックルで締め混みます

 

更に上、棟木までもボルトで引き寄せトップにある千木や鰹木を押さえます

更に上、棟木までもボルトで引き寄せトップにある千木や鰹木を押さえます

 
 
懸魚もできあがりました

懸魚もできあがりました

 
その他細かい材料もプチプチで梱包され荷揚げに送られます

その他細かい材料もプチプチで梱包され荷揚げに送られます

 

Add a comment

天空の現場!駒形神社奥宮ご造営 基礎掘削&荷揚      平成22年6月3日

荷揚も本格化、足場板を2名で運ぶ。うしろで担いでいるのは山下宮司代行で自ら先導旗っての荷揚です

荷揚も本格化、足場板を2名で運ぶ。うしろで担いでいるのは山下宮司代行で自ら先導旗っての荷揚です

本日私は基礎工事の状況確認で登山です。荷揚も本格化しこのような長い木材を運ぶのに様々なアイディアが出されましたが、結果、草刈り機械のベルトが最適ということになりました。

両手が自由に使えて足場の悪い崖地もなんとか行けそうです。

この登山口はいきなり崖からスタートなのです(苦笑)道中お気を付けて

この登山口はいきなり崖からスタートなのです(苦笑)道中お気を付けて

 

仮設ハウスには地図が貼られています

仮設ハウスには地図が貼られています

 

その後集まったこの壮観な若者達は。。。

その後集まったこの精悍な若者達は。。。

 

地元の消防署職員の皆さんでした。何とも頼もしいみなさんです

地元の消防署職員の皆さんでした。何とも頼もしいみなさんです

 

私は実行委員の方と一足先に頂上を目指します。登山もだいぶ慣れてきて筋肉痛もあまりしなくなりました

私は実行委員の方と一足先に頂上を目指します。登山もだいぶ慣れてきて筋肉痛もあまりしなくなりました

 

先を行く山下氏は先代宮司さんの弟さんで、山菜や高山植物にとても詳しくガイド付きでトレッキングしている気分になります。いつも感謝です!

先を行く山下氏は先代宮司さんの弟さんで、山菜や高山植物にとても詳しくガイド付きでトレッキングしている気分になります。いつも感謝です!

 

早速お花をパチリ、今日は新しく導入したペンタックスの防水デジカメを使用。一眼レフと違ってサッと出して使える上に天候も気にも左右されない便利グッズです

早速お花をパチリ、今日は新しく導入したペンタックスの防水デジカメを使用。一眼レフと違ってサッと出して使える上に天候も気にも左右されない便利グッズです

 

☆優れ物!PENTAX コンパクトデジタルカメラ/Optio W90 

途中新聞社の記者さんとすれ違う。翌日の岩手日報には見開き一面に特集が組まれていました。

途中新聞社の記者さんとすれ違う。翌日の岩手日報には見開き一面に特集が組まれていました。

 

そして頂上着!

そして頂上着!

 

掘削作業の真っ最中

掘削作業の真っ最中

 

当然ですが、重機など入れるはずもなく手堀です。何度も岩にぶち当たり苦戦に次ぐ苦戦

当然ですが、重機など入れるはずもなく手堀です。何度も岩にぶち当たり苦戦に次ぐ苦戦で見た目はまるで発掘調査のようです

 

しばらくして先ほどのレスキュー隊員がもう登ってきました、早い。足場二枚を担いで一般の方が普通に登山するのと等しいスピード

しばらくして先ほどのレスキュー隊員がもう登ってきました、早い。足場二枚を担いで一般の方が普通に登山するのと等しいスピード

 

お疲れ様です。こういう場所で会うと特に格好良く見えますね。

お疲れ様です。こういう場所で会うと特に格好良く見えますね。

 

次々と荷揚げされてきます。今後の木材運搬にも期待です。何しろ栗材は50㎏以上ありますから

次々と荷揚げされてきます。今後の木材運搬にも期待です。何しろ栗材は50㎏以上ありますから

 

下山して荷揚げ中継地点。これを全部上げなくてはなりません。何日かかるのやら

下山して荷揚げ中継地点。これを全部上げなくてはなりません。何日かかるのやら

 

荷揚げしている方とすれ違いながらの下山風景。お疲れ様です

荷揚げしている方とすれ違いながらの下山風景。お疲れ様です

 

下山して三角沼駐車場登山口。心地よい疲れと皆さんの笑顔が爽やかでした

下山して三角沼駐車場登山口。心地よい疲れと皆さんの笑顔が爽やかでした

 

最後にこの日頂上で撮った経塚山。山頂では「くぅーー」とか「ひーー」とか言いながらも皆さん笑顔なのが印象的でした。荷揚げは大変ですが達成感も大きいのですね

最後にこの日頂上で撮った経塚山。山頂では「くぅーー」とか「ひーー」とか言いながらも皆さん笑顔なのが印象的でした。荷揚げは大変ですが達成感も大きいのですね

Add a comment